徳本峠小屋 「峠の宿」 公式ホームページ

徳本峠小屋Twitter へ(SNS始めました)

アクセスありがとうございます。 
かつて明神、上高地へのメインルートとして拓かれた島々谷。ウォルター・ウェストン、高村光太郎や芥川龍之介も越えた峠道。その峠に大正十二年から営業小屋として始まったのが徳本峠小屋です。古き良き山小屋の面影が残るこの場所に、一度訪れてみませんか。2023年に100年を迎えます。

2016年撮影



20221011

本日で今年度の営業終了となりました。ご利用ありがとうございました。
大雪後の雪解けの早さを心配した小屋 雪堀り作業から始まり、台風による真南風直撃等と色々なことありましたが、NHKBSで霞沢岳特集で小屋を少しだけ紹介してもらったり営業期間中もコロナ禍がスタッフに影響も無かったなどいいこともありました。おかげ様です。ありがとうございました。
来年は小屋が100歳を迎えます。小屋に何らかのお祝いを企画しておりますので、機会が有れば、また来訪よろしくお願いします。(コロナ収束して・・・!)

20220824
ご予約は、ご利用の一か月前から承っております。頂いている電話の10%ぐらいは、1か月以上先の日にちの問い合わせです。
それと、16時から17時30分の1時間半は、ご予約の電話は、ご遠慮ください。
(ご利用されるとわかるのですが)少人数で食事を作っておりますので、この時間帯はハードな時間です。ぜひに、ご遠慮をお願いします。


20220704
ご予約の電話、通信障害が発生しているため繋がらない状況となっています。
もうしばらくお待ちください。

20220701
営業開始前のテントご利用は出来ません。
ここは、国立公園内です。
テントは「どこにでも、いつでも張っていい」というお客さんに先日登山道整備中にお会いしました。勘違いされている人が居るのが現状です。

20220620
ご予約電話問い合わせについて(お願い)
・予約日の一か月前からとなります。
・島々谷ルート(通称クラシックルート)は、今年も通行できません。登山計画に入れないでください。

20220428 通行止めのお知らせ

本年度も島々谷ルート(クラシックルート)は橋の流出、登山道の崩落がありますので通行止めにしています。
最近電話の問い合わせが増えていますので、通行しないようにお願いします。

20220420 明神側登山道について
北向き斜面なので、残雪は多く残っています。登山の際には、冬装備でお願いします。稜線より向こう側(南側)は、雪解けが進んでいるので残雪は少ないです。

20220418 今年の営業日程 (予定)

7/20(水)から10/10(月)迄を計画しています。

※7月の連休16(土),17(日),18(祝)を開けてほしいとリクエストもらいました。検討します。

予約方法について
営業開始予定の7/20(水)からの予約は6/20(月)午前7時から開始します。

今年より
お客様都合ご宿泊日当日の人数減員、ご予約のお取消しの場合には下記キャンセル料を頂戴いたします。必ず前日20時までご連絡をお願いします。
台風などの天候都合の場合はキャンセル代は発生しませんが、キャンセル連絡は必要です。

キャンセル料 お一人 ¥5,000−

キャンセル料のお支払いは、受付、または銀行振込にてお願いいたします。
昨年キャンセル(連絡なく来なかった場合も含む)された方の予約は、受付できない場合もございます。

飛び込みプラス3,000円/人
(宿泊者数がソーシャルディスタンスの為に人数制限しています)ご予約なく当日飛び込みで、ご宿泊は原則お受けできません。またお泊りいただく場合も、追加料金として一人3,000円を頂戴いたします。

_____________________________________________________________

変更履歴

20220418 2022版新規
20220428  峠からの便り