峠からの便り


20210816 登山道状況2

 8/13日深夜より、まとまった雨が降り登山道明神側の沢トラバース地点(徳本峠迄あと800mのところ)の登山道(6/22修復した部分)が崩れました。応急処置をしてきました。8/18迄の雨でどうなっているのか?まだ判らない状況です。



雨が多い時は、一部渡渉になります。


戻る


土砂ダムについて

今まで気になっていたトラバース上部の天然土砂ダムを登山道、山に詳しい地元の方達に見て貰いました。

残雪の上に2つの土砂が乗ってしまって、下部の残雪が雨で、溶け、土砂が移動。その後二つが合わさったとのでは?いうことでした。

これ以上は台風とか大雨とか降らない限り大丈夫!と話を貰ったのは、8/2のことでした。それから台風9,10号と今回の豪雨とかでは、移動していませんでした。


少しだけ安心しましたが、その地元の人に来年の雪解けでは、落ちるだろうな・・・。と言われました。(=T.T=)

戻る

20210711 登山道状況


天然のダムは、二つが一つにまとまった状態です。

ダムの大きさも以前よりは大きくなっています。登山道にも近寄ってきています。

(しかし、雨が降っていても水がそんなに濁っていないので水が溜まらない構造?の可能性もあります)


更に近寄ってみてみると、大きさが少し判ると思います


この水が濁っていると、一気に抜けるような気がして怖いですけど・・・。

戻る


20210622 登山道状況


下記写真のようにハシゴで整備された、徳本峠迄800m付近のトラバースですが。実は・・・。

上流に天然のダムが二個確認されました。

残雪の上にあるため、日々動いて居るみたいです。




このダムが動くと下記のはしごなど流される可能性もあります。雨時の通行、雨の翌日など沢の水に注意して通行してください。


トップに


20210622登山道整備その2【登山道補修】



このような立派な道に変更となりました。整備をして頂いた、いつもの八景山組様ありがとうございました。


トップに


20210622 登山道整備その1【倒木処理】




トップに


倒木ナナカマドには、つり革?を付けておきましたので、ご利用下さい。

写真では見えません・・。現地で使ってみて下さい。

※オリンピック競技鞍馬用では有りませんので、ぶら下がるなど競技に使用しないでくださいね。


20210607 幸運をもたらす!?と言われているモノが写真にあります。

ヒント:今年も元気でした。

判った方だけが幸運!?になれます。

この時期にしかない、明るい話題を少しだけ。

\(^O^)/

20210607 登山道状況(倒木)

上のダケカンバ直径が23センチでした。この下の登山道まで塞いでいて、通行危険箇所となっています。

TOPに戻る


20210607 熊よけ対策中!

小屋一部に熊の爪痕があります。熊よけ対策のために

夕方と朝方に熊よけのラジオがなります。ご承知置きください。


具体的な時間

朝 3:00,4:00,5:00,6:00に15分間

昼10:00

夕方17:00,18:00,19:00,20:00

合計10回

ラジオ大音量と電灯がプログラムで2ヶ所作動します。


20210523 登山道状況(通行困難)


登山道の一部が崩れていました。雪が早く融けるとこんなところで被害が・・・。


写真左端のところは2020年に修理した箇所です。


写真右側がまだ、雪の下なので、右側の崩落具合はまだ分かりません。


崩落場所を下の方から見上げると、このようになります。2016年に直した直して頂いた階段が全て落ちました。(業務連絡 岡田さんへ  階段全部落ちました)


雪解け+大雨ですと、こうなってしまうんでしょうね。

TOPへ戻る



20210504 登山道整備



雪解け個所の整備しました。(昨年の7月大雨で崩れた所:大塚新道)

5月の連休なのに、登山道整備している山小屋って、どんなに人気が無い?のか

笑い

手伝ってくれた大塚さんありがとうございました。


20210504 積雪情報


前の5/3に吹雪となり、積雪が更に20センチぐらい増えました。折角の除雪作業が埋まってしまい、凹みました。

登山される方は、冬山装備でお願いします。数名程夏山装備(スパッツレス)で雪渓部分を歩いていました。



20210504 危険情報


沢筋の冬道を直登すると、最後の所が雪庇・危険です。そのために、途中でトラロープでマーキングしています。

5/4に見に行ったら、ここでテント泊がありました。


左端の熊笹より右側全部雪庇(つまり写真の雪は、ほとんどが雪庇)です。

南側斜面の雪庇なので気温上昇と共に落下する危険性が高いです。

休憩される方も、ご注意下さい。この雪庇の下はガレ場です。(熊笹も生えていない)

急勾配です。(ここに樹木が無い理由は、この急斜面だからです)

※国立公園内なので、指定地以外はテント禁止なんですけど、それ以上に言いたいことは、テント危険です。



20210421 徳本峠付近積雪量について

徳本峠付近の積雪量は昨年よりは少なかった。(去年,一昨年が多かった)

ということでもあります。



20210421 明神からの登山道

積雪量は例年と同じぐらいです。
新雪の下はバリバリに凍り付いていました。ピッケル・アイゼン等ご準備を
お願いします。



ここから見える明神岳と前穂岳の積雪量はいつもの年よりかなり少なく見えています。

20210420 上高地から見た霞沢岳
例年よりも積雪量が少ない様に見えました。


トップ画面に戻る